よくある質問

インソールを作るには何が必要ですか?

普段履かれている靴と靴下をご持参ください。
足のサイズとウィズを計測し、いま履かれている靴のクセなどを考慮し適合性を検討します。

ページTOPへ

インソールはどんな靴にでも作れますか?

一部除外品はありますが、基本的にサイズやウィズ等が合う靴ならすべての靴に作製可能ですが、一番よく履く靴に作製することをお勧めします。
下駄やサンダル、クロックス等にも作製できますが中敷きとして加工できない場合は直接パット等を貼ることで歩きやすく加工することができます。
しかし、インソール療法の効果を十分に発揮させる為には、サイズの合ったひも靴が最適です。
※ 除外品 サイズやウィズが合っていない靴。インソールを作製しても効果が望めない靴。
  表面加工ができない履物など。

ページTOPへ

どんな症状に効果がありますか?

外反母趾、アキレス腱周辺の痛み、くるぶし周辺の痛み、すね・ふくらはぎの痛み、膝周辺の痛み、股関節周辺の痛みなど、足の痛い方はもちろんのこと、腰痛にも効果があります。
またスポーツ外傷やスポーツによるトラブル(障害)、スポーツのパフォーマンス向上にも効果があります。

ページTOPへ

本当にインソールだけで脚の痛みが取れるのですか?

足は人間の「土台」です。足関節の不安定さや動きの悪さが、体の痛みの原因であることも考えられます。
インソールにより足のアーチを支えたり足にかかる圧を分散させることで 足を安定させ、毎日の動きを変えれば痛みは変わってくると考えます。 しかしインソールはオールマイティではありませんので、それぞれの患者様に適応があるかどうかは問診・触診等により判断させていただきます。

ページTOPへ

足底板は1回作製したらそれで完成ですか?

当院のインソールの特徴は、定期的に調整を加えていくところです。
まず、作製してから2週間~1ヶ月以内にチェックを行い、その後1ヶ月~2ヶ月に1度くらい調整していきます。歩き方のバランスを少しづつ調整していくことで、体に負担の少ない効率よい動きに整えていきます。

ページTOPへ

なぜ調整する必要があるの?

当院では症状や靴を履く頻度に応じて2週間~3ヶ月に一度、インソールの微調整を必要に応じて行っています。
インソール入りの靴を履くことで、足・体の状態を良くしていくことが目的なので、体の変化に応じて当然調整が必要になります。 調整を加えることで、更に履きやすく歩きやすい靴になっていきます。

ページTOPへ

調子が良ければ調整は必要ないよね?

調子が良くても調整が必要な場合があります。 インソールを入れたことで歩行や姿勢が改善されれば、それに応じた調整が必要になりますのでご自分で判断せず調整日には必ずご来院ください。

ページTOPへ

靴を履くと違和感があるんだけど・・・

違和感、靴があたって痛い、タコができた、脱げる感じがする・・・ などの症状はインソールのズレ・靴のへたり・歩行の変化によるものなどが考えられます。
これらの症状は調整することで改善されます。放っておかずにお早めにご連絡ください。

ページTOPへ

ボキボキはしないのですか?

ポキポキ、パキパキというような矯正はしません。
電気治療のビリビリ感が苦手な方でも安心です。また、器械を使って揉んだり引っ張ったりということもしません。

ページTOPへ

痛くはないんですか?

一人ひとりの体の状態に応じて指先や手のひらを使って行う施術ですので、痛みはほとんどありません。
むしろ“いた気持ちいい”程度の感覚の方が多いようです。ひどくコリ固まっているところを ほぐす際に、まれに痛みとして感じる方もいらっしゃいます。

ページTOPへ

どんな服装で行けばいいですか?

動きを確認しながらの施術ですから、Tシャツにズボン(伸縮性のあるタイプ)でお越しいただけると助ります。
また、リラックスして施術を受けていただくという観点からも、あまり締め付け感がない服装がオススメです。
着替えもご用意していますので、ご利用の場合はお申し出下さい。

ページTOPへ

通院回数はどれくらいになりますか?

一般的には2~3ヶ月に1度で良い状態を維持していける方が大半です。
ただし、仕事で過度に負担がかかる方や状態があまり良くない方は 2~3週間に一度のメンテナンスをオススメします。

ページTOPへ

整形外科に通院していますが

病院へ通院されている方もお見えになっています。電気や牽引治療にはない『手の温もり』を感じてください。
骨に異常がないのに痛みがある場合は、筋肉をほぐすことによって痛みが軽減される場合があります。

ページTOPへ